エコと自動車

POINT!
  • 電気自動車、水素エンジン、燃料電池自動車...
    環境を配慮した自動車の未来像と今後の課題
エコと自動車

環境問題が重要視され、「エコ」という言葉がずいぶん浸透してきました。二酸化炭素排出要因の代表格である自動車は、エコの観点から様々な開発が進んでいます。

低燃費エンジンを使用した車やハイブリッドカーは既にたくさん世に出回っており、その環境性能と共に、燃料費が少なく済むというメリットから人気を集めています。

他にも環境性能に優れた自動車(エコカー)は多種多様なものが開発・考案されており、普及すれば、環境にもお財布にも優しい自動車として注目を集めると予想されるものがあります。

発展途上のエコカー、そして開発途中のフリーエネルギーエンジンの車について、自動車整備士の門倉氏に語ってもらいました。

今の段階で、今後の発展がかなり期待されるのが、電気自動車でしょう。
その特性を半分持ったハイブリッドカーは、既に普及しています。電気自動車は最近のものと考えられがちですが、1900年くらいを中心に前後30年間ほど、電気自動車の時代があったんです。蒸気自動車からガソリン自動車へと移り変わる挟間のことです。

日本でも、名古屋で電気自動車のバスが走っていたそうです。
充電が必要だったり、パワーが弱かったりしたために、ガソリン自動車に負ける結果になってしまったのですが、100年経過した現在の技術で開発が進んでいますから、期待できますよね。

フリーエネルギーの車については、開発は進んでいますが、残念ながらまだ実用化には届いていません。例えば、まず圧縮空気エンジンの車。圧縮した空気をあたためて、膨張する力をエネルギーにします。燃料は空気というわけです。二酸化炭素などの有害な排出ガスもなくなります。

次に、水素エンジンの車。これは水が燃料です。水から水素を取り出し、水素に点火して爆発させて、その爆発する力をエネルギーにします。

水素エンジンに似たもので、燃料電池自動車というものもあります。燃料電池とは、水素などを燃料として、化学反応によって発電を行う装置のことで、排出物は水だけです。化石燃料を使用しない自動車としては、かなり可能性が高い部類に入りますが、現状では、燃料である水素を作るために、大量の二酸化炭素が排出される...という課題を抱えています。今後の研究・開発に期待したいですね。