燃費の良い車に乗ろう

POINT!
  • 新車選びの最大注目課題→燃費の良い車ってどんな車?
    軽自動車?ハイブリットカー?
    次の新車は低燃費車やエコカーで、スマートなカーライフを。

「ガソリン価格についてのアンケート」によると、「ガソリン代節約のために新車に乗り換えた」という人がたくさんいます。

今すぐということではなくても、次に新車を買うときには、ガソリン代削減に一役買う車を選んでみてはいかがでしょうか?

では、燃費の良い車の代表選手を、いくつか挙げてみましょう。

軽自動車

「日本は、大きなものを小さくする技術に長けている」と言われます。
軽自動車はその代表格で、燃費もよく車体も軽い。
普通車と比べると、燃料消費量はかなり少なくなります。

ディーゼル自動車

軽油で走る車です。軽油の単価が安いだけでなく、ディーゼル自動車そのものが、燃費が良く、パワーもあります。トラックなどの大型車にディーゼルが多いのは、そのためです。

ただし、エンジンが大きいので、オイルの消耗量が多く、マメに交換する必要があります。
車種によって異なるので、購入時によく調べましょう。

低燃費エンジンを使用した車

代表的なものとして、トヨタのヴィッツ(Vitz)、ホンダのフィット(Fit)などが挙げられます。

燃費の良さはさることながら、環境性能にも優れ、エコカーとして大々的に売り出されています。
車種もどんどん増えており、コンパクトカーからファミリータイプのワゴンまで、幅広く展開されていますので、ライフスタイルや家族構成に合った車を選ぶことができます。

ハイブリッドカー

燃費の良い車に乗ろう

ハイブリッドカーとは、モーターとエンジンの両方を兼ね備えた自動車で、電力をエネルギーとするモーターと、ガソリンをエネルギーとするエンジンの両方で駆動します。

モーターを回す電力は、自動車動く際に車輪で発電機を回して蓄える仕組みです。
自動車が動く際に発する熱エネルギーを電気エネルギーに転換して利用しますので、エコカーとしても高い評価を得ています。

代表的なものとしては、トヨタのプリウス、ホンダのシビックなどが挙げられます。