ガソリン税の問題点

「ガソリン価格についてのアンケート」によると、消費者が問題にしているのは、ガソリン税の課税そのものというより、「課税の仕方」や「税金の使われ方」であることがわかりました。

皆様から寄せられた意見をもとに、主な問題点を挙げてみましょう。

ガソリン税を考える ガソリン税の問題点

必要な資金調達のためであれば、「ガソリン税はやむを得ない」、「支払ってもよい」という意見が多く見られました。

特に、道路や公共交通機関が十分に整っていない地域で生活している方にとっては、税金が有効活用され、暮らしが便利になることは好ましいことです。

しかし、本当に必要な地域に道路が作られず、都心ばかりが便利になっていったり、不必要な工事が行われていたりするのが現状です。

また、ガソリン税以外の部分でも、無駄に浪費されている資金などについて、きちんと見直しを行い、気持ち良く税金を納めることができる世の中であってほしいものです。